被リンクとは何か?SEO対策に効果のあるバックリンクの条件や増やし方を解説

被リンク

SEO効果を高めたいと思っているのなら、被リンクの重要性についても理解しておかなければなりません。

被リンクのあるサイトとないサイトとでは、そのSEO効果は大きく異なります。

とはいえ、以前のようにむやみやたらに被リンクを増やしても、効果はありません。むしろ逆効果です。

本記事では、本当に意味のある被リンクとはどのようなものなのか、またどうやったら有益な被リンクを増やせるのかについて解説していきます。

被リンクがもたらすSEO効果についても説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

被リンクとは?大切なのは「量」と「質」

被リンクとは

被リンクとは、外部のサイトから自社のサイトに対して向けられたリンクのことを指します。

通常、別のサイトへのリンクは必要がある時以外設置することはありません。

そのため、被リンクが多いサイトは、それだけ多くのユーザーに参考にされていることになります。

SEOにおいても、被リンクはそのサイトの質を評価する上での重要な指標として認識されています。

以前は被リンクの量だけがSEOで重視されていましたが、現在は量だけではなく被リンクの質も重視されるようになりました。

Googleで検索順位を上げる|検索結果で上位表示される仕組みGoogleで検索順位を上げる方法!ネットの検索結果で上位表示される仕組みとは?

被リンクの質がSEOにもたらす良い効果と悪い効果

被リンクの質が良ければ、サイトにとって以下のような良い効果がもたらされます。

質の良い被リンクの効果
  • 被リンクを多く獲得しているページが上位表示されやすくなる
  • 被リンクされているページが増えればサイト全体の評価が上がる
  • 被リンクによってクローラビリティが向上する

クローラビリティとは、Googleのシステムが各サイトの情報を集めるために、リンクを巡回(クロール)することをいいます。

クローラビリティの高いサイトは、それだけGoogleに早く情報を認知されるようになるため、評価が更新されるスピードが早くなるのです。

反対に、質の悪い被リンクが増えてしまうと、以下のような悪い効果がもたらされる危険性が高まります。

質の悪い被リンクの効果
  • 不正行為とみなされ、Googleでの検索順位を下げられてしまう
  • ペナルティとしてGoogleの検索結果に自社サイトが表示されなくなる
注意

Google検索での表示順位を下げられること自体かなりのデメリットですが、そもそも検索結果に自社サイトが表示されなくなると、今まで築き上げてきたSEOの成果がゼロに戻されてしまいます。

そうなってしまっては今までの苦労が全て水の泡です。

ホームページ作成でやってはいけないことホームページ作成でやってはいけない7つのこと!Web制作でのNG理由や注意点を解説

良質な被リンクと悪質な被リンクとは?

良質な被リンク悪質な被リンクの定義について説明します。

今まで良質な被リンクだと思ってきたものが悪質な被リンクである可能性も十分に考えられるので、SEOを重視している方は両者の違いをしっかりと把握しておきましょう。

良質な被リンク

良質な被リンクとは、以下のような被リンクのことを指します。

良質な被リンク
  • 関連性の高いサイトからの被リンク
  • 金銭の絡まない自然発生的な被リンク
  • 有名な権威あるサイトからの被リンク

最も重要なのは、その被リンクに意味があるかどうかという点です。

被リンクがいくら多くても、全く関係のないサイトからの被リンクは評価されません。

そのページの重要性を認められることで自然と増えていくような被リンクこそが、質の高い被リンクとして認識されるのです。

Webマーケティングとは?初心者でもわかる基礎知識と成功のコツWebマーケティングの仕事内容とは?初心者でもわかる基礎知識から成功のコツまでご紹介

悪質な被リンク

以下のような被リンクは、Googleに悪質な被リンクとして判断される恐れがあります。

悪質な被リンク
  • 全く関連性のないサイトからの不自然な被リンク
  • お金で購入したSEO狙いの大量の被リンク
  • 隠しテキストの被リンク
  • 質の悪いサイトからの被リンク

以前は主流だったお金で買って量産するだけの被リンクですが、今では最も悪質な被リンクとして認識されているので、もしもまだそのような被リンクがある方は今すぐに削除してください。

また、ワードサラダやコピーコンテンツを多用している低品質なサイトからのリンクもペナルティの対象となる可能性があります。

被リンクの「質」が評価される仕組み

被リンクの質は以下のような基準で評価されています。

  • サイトの運営者が異なる複数のサイトから被リンクを受けているか?
  • 被リンクは自然な形でつけられたものか?
  • 自然なページランクのサイトからの被リンクかどうか?

自分で運営している他のサイトから自社サイトに被リンクをしたり、運営元が同じ複数のサイトから被リンクを受けたりしてもSEOの意味をなさないように、サイトの運営者は厳しくチェックされます。

集客できるホームページ制作!自社サイトの集客で成功する方法とコツ集客できるホームページ制作の方法!自社サイトの集客で成功するコツ

被リンクの「量」が評価される仕組み

自然な被リンクは一度に大量につくものではありません。

長い時間をかけて、少しずつ良質な被リンクを増やしていく事こそが、SEOでは重要視されています。

被リンクの量が評価されるこのような仕組みを知らずに、大量の被リンクを一気に購入したり、企業に頼んで一度に複数の被リンクをつけてもらおうとしたりすると、いずれは取り返しのつかないペナルティを受けることになりかねません。

質の良い被リンクを増やす5つの方法

質の良い被リンクを増やすための具体的な方法を5つ紹介します。

1.ターゲットの欲しがる情報を調査する

ターゲットとなるユーザー層にとって役に立つ情報とは何か、まずは調査しましょう。

ユーザーにとって有益な情報を提供するためには、相手のニーズや悩みを知る必要があります。

コンテンツマーケティング進め方・事例・メリットコンテンツマーケティングの進め方とは?効果がわかる成功事例やメリットも解説

2.競合サイトよりも質の高いコンテンツを作成する

自社と同じようなコンテンツを提供している競合サイトを分析し、相手よりも質の高いコンテンツを作成するようにしましょう。

ユーザーはコンテンツの質を無意識に評価し、より質の高い方を選ぶ傾向があります。

MEMO

情報の量や深さ、幅広さで勝負するようにしましょう。

3.ユーザーが見やすいように情報を整理する

ユーザビリティを重視しているサイトは、他のサイトから評価されやすく、被リンクを受けやすいです。

カテゴリ分けが適切にされていたり、適度に内部リンクが置かれていたりするようなサイトは、多くのユーザーから評価を受けやすくなります。

内部リンクの正しい貼り方とSEO効果内部リンクの正しい貼り方とは?最適化によるSEO効果や設置場所を解説

4.コンテンツの専門性を高める

取り扱うテーマや情報について深く学び、常に専門性の高いコンテンツを提供できるように心掛けましょう。

最初は専門性を示すことができなくても、一つのテーマに関する複数の異なるコンテンツを用意していけば、いずれは専門性の高いサイトとして評価されるようになります。

5.SNSで拡散しやすいように工夫する

TwitterのようなSNSで拡散された場合も、被リンクを受けたものとして扱われます。

そのため、SNSで拡散しやすいようにフォローボタンや拡散ボタンを設置するだけでも、質の良い被リンクを増やすための有効な手段となるのです。

悪質な被リンクを防ぐ2つの対策

悪質な被リンクをたった一つ受けるだけでも、Googleからペナルティを課せられる恐れがあります。

悪質な被リンクを防ぐ具体的な対策方法は、以下の通りです。

1.被リンクの獲得状況をこまめに把握する

被リンクの購入などをしない限り、悪質な被リンクは自分以外の他人につけられることがほとんどなので、被リンクの獲得状況は常にチェックしておく必要があります。

被リンクの獲得状況は、以下の方法で調べることが可能です。

  • Googleサーチコンソール
  • サイトチェッカー

GoogleサーチコンソールはGoogleが用意している公式無料ツールなので、サイトを持っている人なら誰でも利用することができます。

自社サイトに関する被リンクの情報はGoogleサーチコンソールだけでも調べることができますが、もし競合他社のサイトについても調べたいと思った時には、有料のサイトチェッカーなどを利用してみるのも一つの手です。

2.悪質な被リンクを見つけたら即座に削除する

万が一悪質な被リンクを受けてしまっていることが判明した場合には、以下のいずれかの方法ですぐに被リンクを削除するべきです。

  1. 被リンク掲載元の運営者に直接削除してもらうように依頼する
  2. Googleサーチコンソールから被リンクを否認する

被リンク掲載元の運営者に直接削除してもらうように依頼する方法なら即刻被リンクを削除できる可能性が高いですし、再発を防止する効果も期待できます。

ただし、相手の連絡先が分からない場合や相手からの返事がない場合には、被リンクを削除することができません。

どうしても連絡がつかない場合は、Googleサーチコンソールから被リンクを否認する方法を試してみましょう。

Googleアルゴリズムとは?検索順位の仕組み|検索アルゴリズムの種類と対策Googleアルゴリズムとは?検索順位の仕組みとなる検索アルゴリズムの種類と対策

悪質な被リンクを増やすぐらいなら被リンクがない方が安全

SEOにおいて被リンクの量が何よりも重要だとされていた時代もありましたが、2012年4月から2016年9月にかけて行われたGoogleのペンギンアップデートによって、Googleの検索アルゴリズムは大きく変化しました。

それ以来、被リンクの量だけでなく、被リンクの質も重要視されるようになったのです。

昔のように質の悪い被リンクを量産していると、最終的には検索結果にすら自社サイトが表示されなくなってしまう恐れがあります。

そうなるぐらいなら被リンクがない方がむしろ安全です。

無理することなく小さな努力を積み重ね、少しずつ良質な被リンクを増やしていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA