コンテンツSEOとは?質の高い記事で集客するマーケティング手順

コンテンツSEOとは?質の高い記事で集客するマーケティング手順

ウェブサイトを運営していく上で、日に日に重要性が増しているのが「コンテンツの質」です。

質の高いコンテンツを発信し続けることが、SEOにおいても有利になることから「コンテンツSEO」という手法も生まれました。

しかし、コンテンツSEOという言葉は知っているものの、本当の意味を理解している人はどのくらいいるのでしょうか。

この記事では、数々の難関キーワードで上位表示してきた実績のあるSEOコンサルタントが、コンテンツSEOについてわかりやすく解説していきます。

Webサイトの運営を開始したものの、思うようにアクセスを集められてない悩みを抱えている方にとっては必見の内容です。

  • そもそもコンテンツSEOとは何か?
  • コンテンツマーケティングとの違いは?
  • コンテンツSEOのメリットとデメリット
  • コンテンツSEOをするやり方の手順
  • コンテンツSEOで成果を出すためのポイント

この記事さえ読んでおけば、コンテンツSEOの全てが理解できると言っても過言ではありません。

SEOコンサルタントがこれまでに培った経験からわかる具体例や事例も織り交ぜながら解説していきますので、ここで得た知識を活用していくだけで、驚くほど集客力のあるウェブサイトへと進化することができますよ。

本題に入る前に‥

WebClimbが提供している「格安SEO対策コンサル」も、コンテンツSEOを用いたSEO対策を行っています。

正しくコンテンツSEOを実践することができますので、今からSEO対策に力を入れていきたい方は、ぜひ詳細もチェックしてみてください。

格安SEO対策神戸の格安SEO対策コンサル【初期費用無料】Google検索順位を上げる施策

WebClimbを友だち追加

目次

コンテンツSEOとは

そもそもコンテンツSEOって何?

コンテンツSEOとは、検索エンジンから多くのトラフィックが集められるように、良質なコンテンツを継続的に発信していき、サイト内のコンテンツを充実させていくSEO対策の手法です。

質の高いコンテンツ(記事)を公開し続けることで、サイト全体の検索順位が上がりやすくなり、トラフィックを増やすことができます。

さらに、トラフィックの多いコンテンツからの内部リンクが増えることで、サイト全体に対するGoogleの評価も高まり、各記事の検索順位が上がりやすくなるという、相乗効果を得ることができるSEO対策の手法です。

SEO対策とは

SEO(Search Engine Optimization)は、日本語で「検索エンジン最適化」のことで、検索結果で上位表示されるように対策することをSEO対策と言います。

上位表示している記事数が多くなるほど集客効果も高まり、トラフィックが安定してきますので、継続的に記事を増やしていくのが望ましいです。

はじめから上位表示の難易度が高いビッグキーワードをいきなり狙うのではなく、競合の弱いロングテールキーワードを中心にコンテンツに落とし込んでいきます。

常に競合調査を行いながら、自社サイトのパワーでも勝てるキーワードを選定して、着実に上位表示する記事を増やしていきましょう。

勘違いに注意

コンテンツSEOは上位が取れるキーワードを見つけて、低品質な記事でも構わず、とにかく大量に記事を上げて検索結果をハックしていく方法とは異なります。

ユーザーの利便性を優先して、必要とされているコンテンツだけを増やしてください。

上位表示できそうなキーワードを見つけても、サイト内のコンテンツとして必要のない記事であれば、追加する必要はありません。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いとは?

コンテンツマーケティング

コンテンツSEOと似た言葉で、コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

混同されがちですが、正確にはコンテンツマーケティングとコンテンツSEOの意味は異なります。

コンテンツマーケティングは媒体を選ばず、資料やチラシ、SNSやブログなど複数のチャネルに働きかけるのに対して、コンテンツSEOは検索エンジンの自然検索からの集客に特化したマーケティング手法です。

複数あるコンテンツマーケティングの手法の一つに、コンテンツSEOが含まれているとイメージしてください。

コンテンツマーケティングの一つとしてあるSEO

コンテンツマーケティングは、価値のあるコンテンツを継続的に発信して、潜在顧客を顕在化させたり、ユーザーを教育・育成して購買を促し、ファン化させる手法です。

▼ Web集客の方法はこちら
Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策

コンテンツSEOが必要な理由

コンテンツSEOは単なるSEO対策の手法のひとつではなく、本質的に必要なSEOの施策ですので、トレンドで廃れるような一過性の手法ではありません。

これからSEO対策を行っていくなら、必ず「コンテンツSEO」を実施するべき明確な理由があるのです。

ブラックハットSEOは通用しなくなってる

ブラックハットSEO

以前までのSEO対策は、Googleの検索アルゴリズムの穴を見つけて、スパム的に上げる方法が通用していました。

このような手法を「ブラックハットSEO」と呼びますが、現代ではGoogleの進化に伴い、ブラックハットSEOは通用しなくなってきています。

ブラックハットSEOの例

自作自演リンク/コピーコンテンツ/ワードサラダ/隠しテキストと隠しリンク/中古ドメイン/クローキング/コメントスパム/リンクファーム/有料リンク/自動生成コンテンツ/不正リダイレクト/誘導ページ/キーワードの乱用/

ブラックハットSEOはGoogleのサービスガイドラインに違反した施策なので、運良く上位表示できたとしても、いつかは必ずペナルティを課せられたり圏外へと飛ばされたりとの対策をされてしまいます。

効率的に検索順位を上げるためにブラックハットSEOをしていたはずなのに、結果的にブラックハットSEOの方が効率の悪い手法となってしまうのです。

さらに検索アルゴリズムのコアアップデートは今後も定期的に行われるはずなので、その度に今まで行ってきた施策が水の泡になってしまうリスクを伴うこととなります。

WebClimbでは盲目的にブラックハットSEOを否定している訳ではなく、ブラックハットSEOでも十分な結果を出してきた経験と知見もありますが、現代にブラックハットSEOを行うメリットとデメリットを比較した上で、お客様にはホワイトハットSEOを推奨しているのです。

ホワイトハットSEOとは

Googleのサービスガイドラインに準拠してSEO対策をすること。

Googleのガイドラインに準拠したコンテンツSEOであれば、Googleが目指しているウェブサイトのあるべき本質を捉えた正しいSEO対策になるので、結果的に最も効率的な方法となります。

今後行われるアルゴリズムのアップデートも、ガイドラインの理念に沿って強化されていくでしょう。

Googleと同じ方向を向いて、サイト全体の質を高めるコンテンツSEOを行っていけば、アップデートがあったとしても突然アクセスがなくなるリスクも低く、むしろ大きく伸ばすチャンスになるはずです。

コンテンツSEOで構築していく質の高いコンテンツは、資産となり、サイトの価値自体も積み上げていくことができます。

注意

SEO会社の中には未だに被リンク対策やブラックハットSEOをメインとしている業者も多いので、依頼する場合は必ず契約前に施策内容を確認しておきましょう。

Googleがコンテンツを重要だと発表している

Googleに注目

Googleの検索エンジンは、ユーザーにとって価値のある情報を提供することを目的としています。

何かを調べたいと思って検索しても、価値のないサイトばかり表示されていたとしたら、誰もGoogleの検索エンジンを使わなくなってしまいますよね。

それではGoogleも困りますので、検索結果には有益な情報を掲載しているサイトを表示させたいと思っているのです。

質の高い価値あるコンテンツを作るには労力もかかりますし大変ですが、時間がかかって遠回りしているようでも、コンテンツ制作に集中することが、実は最も効率的に検索結果で上位表示するための近道でもあります。

Googleの目指す検索結果を理解することが、コンテンツSEOで成功するためのポイントです。

注意

裏技やハックする方法ばかり追いかけているのは、無駄な努力となってしまう可能性が高いです。

コンテンツSEOのメリット

PCを見て喜ぶ成功者

コンテンツSEOには多くのメリットがあります。

ひとつずつ具体的に解説していきますね。

購買意欲の高いユーザーを獲得できる

Webサイトのショッピングカートイメージ

検索エンジンで能動的に情報を探しているユーザーは、購買意欲が高く、成約率の高い濃いユーザーが多いです。

コンテンツSEOで狙っていくロングテールキーワードでの集客は、検索意図も明確なため、より質の良いユーザーを集客することができます。

信頼感が得られてブランディングにもなる

ブランディング

SEOで上位表示されていると、信頼を得られるということがデータでもわかっています。

「検索結果で上位に表示されているから信頼できるサイトだろう」とユーザー心理が働くので、ブランディングにもなるのです。

複数の記事が上位表示していて、サイト内のコンテンツが充実していることで、さらに信頼感も高まるでしょう。

また、コンテンツSEOで継続的に記事を公開することで、ユーザーにとっては頻繁に同じサイトの記事を目にしたり、サイトに訪れる機会が増えたりするため、自然と親近感が湧きやすくなります。

印象として頭の片隅に残すことができるので、いざ潜在顧客から顕在顧客に変わった時でも、検討候補の対象となることができるのです。

さらに、常に良質なコンテンツを公開していると、高い専門性を伝えることができますし、いかにプロフェッショナルであるかも知ってもらうことができます。

「この人が言うなら!」と、信頼感があるからこその行動を取ってくれるユーザーもいるでしょう。

ブランディングがうまくいけば価格競争に巻き込まれずに済みますし、指名して依頼されるようにもなります。

顧客ロイヤリティが醸成できれば、単価を上げることもできるでしょう。

個人事業主向けホームページ制作個人事業主向けホームページ制作!格安で集客できるWebサイト作成

広告費用をかけずに無料で集客できる為コストパフォーマンスが高い

電卓と0円

ポータルサイトなどのプラットフォームに依存して集客している場合は、月額料金などの費用がかかり続けますし、リスティングやアドなどの有料広告で集客している場合も、年々広告費が高騰化していて大きな出費に悩まされることも増えてきたのではないでしょうか。

かといってこれまでの運用を止めてしまうと、その瞬間から集客も止まってしまうので、なかなか広告費の支払いから逃れられない悩みを抱えている方も多いです。

しかし、コンテンツSEOで検索結果の上位表示が取れるようになると、無料で莫大な流入を得ることができます。

自然検索からの流入は無料ですし、コンテンツは資産ともなりますので、非常にコストパフォーマンスが高いです。

大きな予算を使わずに大きな効果が期待できるのは、コンテンツSEOならではの魅力ですね。

集客力が安定する

アナリティクスを分析

記事が増えてきて、上位表示するキーワードが多くなればそれだけ集客力も安定してきます。

記事が増えれば増えるほど、トラフィックも安定していくでしょう。

コンテンツSEOで狙っていくニッチなロングテールキーワードは、競合サイトが生まれにくく競争も激しくないので、上位表示を維持して集客を安定させることができます。

細かなテクニックに頼ったSEOではなく、本質的に質の高いコンテンツが集まっていることで、安定することができるのです。

さらにユーザーの認知が拡がることで、ブックマークされたり、「まずはじめに見るサイト」としてピックアップされることも、集客力が安定する理由になります。

注意

ビッグキーワードの数少ないページだけに頼った集客を行っている場合は、強力なライバルサイトの出現や、アルゴリズムのアップデートが行われた際に順位が乱高下することがあるので、安定感がありません。

▼ ホームページの集客方法
集客できるホームページ制作!自社サイトの集客で成功する方法とコツ集客できるホームページ制作の方法!自社サイトの集客で成功するコツ

潜在顧客にアプローチできる

HPで気づきを得る女性

まだ自社商品に興味がないユーザーは、悩みや疑問を一般的なキーワードで検索します。

一般キーワードで検索した時に、自社メディアのコンテンツが読まれることで、自社プロダクトの認知のキッカケにもなり、興味を持ってもらうことができます。

例えば、オフィス家具を取り扱っているお店だとしたら「デスクワーク 腰痛」などのキーワードで記事を作成します。

正しい座り方や腰痛予防のストレッチ方法などのコンテンツに加えて、自社商品の腰痛になりにくいデスクセットやスタンディングデスクの提案などができます。

悩みに対して、自社サービスで解決を提案できる場合はコンテンツも作成しやすいですね。

「スタンディングの昇降デスクなんてあるんだ」と商品を知らないユーザーへの顧客育成をすることもできますし、スムーズに認知を拡げることができます。

カスタマージャーニーマップを作って、顧客に対して適切なポイントでアプローチしていくのも大切です。

カスタマージャーニーマップとは

顧客がサービスを知ってから購入するまでのプロセスを図にして可視化することです。

短期的ではなく長期に渡って集客することができる

パソコンの前で余裕に浸る女性

広告などを打った場合は、施策を行った瞬間に集客が増加しますが、しばらくすると効果は薄れてしまいます。

コンテンツSEOの場合は、一旦コンテンツが完成してしまえば、後は全く費用をかけなかったとしても、ずっと集客に貢献し続けてくれるのです。

ただ、コンテンツSEOでも一気に大量の記事を公開して放置するより、継続的に記事を公開し続ける方が良いでしょう。

例えば1日に100記事投稿しても全部読んでくれる人はいないと思いますが、1日1記事を100日間なら毎日の投稿を楽しみにしてくれる人やSNSなどで取り上げられる可能性も高まります。

注意

勘違いしないでほしいのですが、優先すべきは「毎日記事を更新する」のような頻度でなく、あくまでも「コンテンツの」です。

毎日内容の薄い記事を公開するよりも、1週間に1回でも濃い記事を公開する方が良いでしょう。

質の高いコンテンツは資産として蓄積されていきますので、長期間に渡って継続的に集客し続けることができます。

自然な被リンクを獲得しやすい

Webサイトがリンクで繋がる

質の高いコンテンツを公開し続けることで、価値のあるコンテンツだと気づいたユーザーから、自然と被リンクを獲得することができます。

被リンクはSEO対策としても重要な指標で、被リンクが増えてくることでドメインパワーが強化されるため、更なるSEOの効果が期待できます。

有益なコンテンツを公開していれば、SNSでの拡散もされやすく、二次拡散も期待できるでしょう。

コンテンツを流用できる

価値のあるコンテンツを作成していれば、営業先の提案資料としてウェブページを見せたり、パンフレットやカタログを作成する際のコンテンツとしても流用できます。

商談でのプレゼンにも活用できるでしょう。

一度ウェブページで質の高いコンテンツを作成しておけば、同じコンテンツを様々な媒体で流用することができます。

YouTubeの台本にしたり、電子書籍を出版したり、SNSで発信したりと、記事コンテンツは非常に拡張性が高いです。

SNSとの相性も良く、コンテンツが拡散されることで、被リンクを獲得できるという副次的な利点もあります。

MEMO
SNSを使えば古い記事を再び注目させたりすることもできますね。

365日24時間営業マンに変わって集客してくれる

24時間

お客様に伝えたい情報を、あらかじめウェブサイトでコンテンツ化しておけば、お客様自らが訪問してくれて、記事を読み込んでくれます。

営業マンに押しかけられて「どうやって断ろうかな‥?」と思いながら話を聞くのと、知りたい情報を自分から調べて記事を読んでくれるお客様では、情報の伝わり方も異なります。

営業マンは24時間休みなく働くことはできませんが、ウェブサイトのコンテンツは無料でずっと営業し続けてくれるのです。

中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法

コンテンツSEOのデメリット

PCで嫌なことが起きて落ち込む

ここまでコンテンツSEOのメリットをお伝えしてきましたが、良いことしかないワケではありません。

残念ながらデメリットもあるので、同時に知っておきましょう。

しかしデメリットがあるからこそ競合の参入障壁にもなるので、デメリットを乗り越えてコンテンツSEOに成功すれば、競合がすぐに追いつけない差をつけることができます。

即効性がなく時間がかかる

SEO対策にはどうしても時間がかかってしまいます。

特に新規で取得したばかりのドメインの場合は、今までの評価も全くなくゼロの状態からですので、更に時間がかかることを覚悟しておく必要があります。

専門的知識がいる

コンテンツSEOは、闇雲に記事を更新して、記事数を増やしたら良いというわけではありません。

SEOの基本的知識が全くないままに更新をしていても、どれだけがんばっても報われない可能性が高いです。

無駄な努力になってしまわないように、正しい方法でコンテンツ作成して公開していく必要があります。

リソースがかかる

仕事をいっぱい頼まれるが放置

しっかりと作り込まれた記事を公開していくためは、リサーチにも執筆にも時間がかかってしまいます

記事制作を外注ライターに依頼したとしても、品質を担保できないリスクや、費用が高くなってしまうリスクが懸念されます。

また、公開後にずっと放置していては徐々に価値が下がってしまうので、メンテナンスや定期的なブラッシュアップが必要です。

競合サイトの質も上がってきますし、時代とともに検索意図が変わることも考えられます。

新しい情報の追記、画像の変更、古い情報の見直しなど、常に検索結果と照らし合わせて、自社コンテンツがNo.1になるように、リライトを繰り返して、最善の記事を担保し続ける必要があります。

SEOコンサル会社に依頼する場合でも月額20万円~が相場で、大手の有名企業に依頼する場合は月額数百万円~は必要です。

時間的にも費用的にも負担がかかってしまうのは覚悟する必要があります。

MEMO

WebClimbではコンテンツSEOを活用した「格安SEO対策コンサル」を行っています。

相場よりも安く実績のあるSEOコンサルタントが担当しますので、これから本気でSEO対策に取り組んでみようと思う方は、ぜひ一度ご相談ください。

格安SEO対策神戸の格安SEO対策コンサル【初期費用無料】Google検索順位を上げる施策

コンテンツSEOで成果を出すためのポイント

コンテンツSEOで成果を出すためには、継続的に有益な情報を発信することが大切です。

では、その「有益なコンテンツ」とはいったい何なのか?も含めて、コンテンツSEOで成功するためのポイントを具体的に解説します。

Googleの目指す検索結果を理解する

Googleロゴが載ってる社屋のロゴ写真

日本で利用されている検索エンジンは、95%以上のシェアをGoogleが握っています。

MEMO

Yahooは2010年の12月よりGoogleの検索エンジンを使用していて、iPhoneなどに搭載されているSafariもデフォルトではGoogleの検索エンジンが設定されています。

その他のBaiduやBingなどの検索エンジンを利用している割合は、わずか5%程度となっています。

ですので、95%のシェアを誇るGoogleの検索エンジンに対して最適化を行うことが、最も効率的なSEO対策となります。

そのためには、Googleの理念を理解して、どのような指標をもって検索順位を決めているのかを理解しておきましょう。

Googleが公開している「検索に対するGoogleの方針」では、関連性と信頼性の高い情報を提供し続けられるように整備していると記載されています。

また、ウェブが新鮮で有益なコンテンツで溢れるようにサポートしていくとも書かれています。

続いて「Googleが掲げる10の事実」の記事では、コンテンツの質に集中することが、検索での上位表示を達成する近道だと公表しています。

このようなGoogleが発表している情報を自分なりに噛み砕いていき、良質なサイトとはどんなサイトか?Googleがコンテンツを評価するアルゴリズムではどんな要素を見ているかを推察していきましょう。

運営しているメディアのコンテンツの質を測る為にも、以下のような点ができているかを自問してみてください。

Googleが品質を評価する指標の自問
  • 記事は専門家や熟知している人物が書いているか?信頼できる情報か?
  • サイト内に似たようなページを量産していないか?
  • 独自の情報や洞察に富んだ分析、研究結果などを提供できているか?
  • 外注で量産された記事ではなく、誤字脱字なく、しっかりと編集されているか?
  • メインコンテンツを邪魔するほど過剰に広告を掲載していないか?
  • 短く内容の薄い記事ではないか?書籍でも読めるクオリティになっているか?

これらの問いに、全て「Yes!」と答えられるコンテンツを提供しているのであれば、あなたのサイトは検索エンジンで上位表示されているはずです。

ちなみに上記の問いは、Googleのウェブマスター向け公式ブログで公開されている「良質なサイトを作るためのアドバイス」を元に作成しました。

検索意図を満たす記事を作成する

SEO検索窓

Googleの「検索アルゴリズムの仕組み」でも書かれているように、検索するキーワードの検索意図を把握して、意図を満たした記事を作成するようにしてください。

2語3語とキーワードの組み合わせが多くなるほど検索意図は明確化していき、単一キーワードだと抽象的になる傾向があります。

コンテンツSEOでは2~4語のロングテールキーワードを狙っていきますので、明確化した意図に沿ったコンテンツを公開していきましょう。

ユーザーにとって有益な情報を発信する

パソコンを見る女性3人

自分が発信したい自己満足の情報よりも、ユーザーが知りたいであろうことをコンテンツ化していきます。

悩みや疑問を解消するコンテンツを、どのサイトよりも有益なページであると思えるレベルで作成してください。

検索結果は相対評価ですので、どのサイトにも負けていないコンテンツを公開するように意識しましょう。

圧倒的ナンバー1の記事を公開し続けていけば、自ずと検索順位も上がることは想像できますよね。

E-A-Tを満たしている

手術服に身を包んだお医者さん

E-A-Tとは
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness (権威性)
  • Trustworthiness (信頼性)

上記の3つの頭文字を取った、Googleがサイトを評価する時の重要な指標です。

検索エンジンは「誰」が発信している情報なのかを重視しています。

例えば「病気」に関する情報を調べようと思った時に、ブロガーの記事やネットの情報をまとめただけの量産記事がヒットするよりも、専門性・権威性・信頼性のある「医者」が発信している情報の方が知りたいですよね。

Googleの検索エンジンもそうなるように、専門性・権威性・信頼性のあるサイトが上位表示されるようなアルゴリズムになっているのです。

特にYMYL領域(お金や健康・生活のジャンル)では、その傾向がより顕著になっています。

事業者はチャンス

今後もE-A-Tを満たしたサイトを優遇する傾向は強化されると思いますので、その分野の専門家であり、権威性、信頼性もある事業者様には、ぜひ早いうちにコンテンツSEOに取り組んで欲しいと思います。

オリジナリティがある

パソコンを覗き見

コピーコンテンツは問題外ですが、他のサイトで書いてある同じような内容のコンテンツは、Googleにとっては必要ありません。

まだネット上にない情報を届けることができればベストです。

独自性を出す方法

アンケートを取って結果をコンテンツ化したり、インタビューなどの取材記事はオリジナリティが出しやすいですよ。

わかりやすく読みやすい

指でOKサインを作って笑顔の女性

難しい論文のような記事では読む気がおこらないですよね。

難しい解説でも、文字装飾をしたり図形を織り交ぜたりしながら、なるべく読みやすいコンテンツになるよう目指しましょう。

なるべく専門用語や難しい言葉を使わないように意識することが大切です。

ポイント

中学生にでもわかるぐらいのレベルで書くことを意識してください。

無知な大人でも理解できる文章になれば、読みやすい文章だと感じるはずです。

必要な文字数は?ページ数は多いほうが良い?

頭にハテナを浮かべる女性

上位表示するために必要な文字数はどれくらいか?と疑問を持つ方も多いと思いますが、重要なのは文字数ではないので、文字数を指標として使うのは推奨しません。

例えば、回りくどい説明が多く長い文章だけど、読んでも得られるものが少ない内容の薄い記事を読んだ時にどんな感想を抱きますか?

長いだけの内容の薄い記事はユーザービリティが損なわれていますし、当然Googleからも評価されません。

文章が短くても同じ内容を知ることができるのであれば、その方がユーザーとしても嬉しいでしょう。

それでも「上位表示しているサイトは文字数が多いじゃないか」と思うかもしれませんが、情報をしっかりと伝えるために結果的に文字数が多くなっていると理解してください。

決して、コンテンツを作成する時に文字数を増やそうとするのではなく、むしろ無駄な部分は削って、なるべくコンパクトに伝わりやすいように努力していく必要があります。

また「単語数や共起語が多い方が評価されるんでしょ?」と、これらを無理矢理ねじ込む方法も推奨しないです。

検索結果をハックする気持ちを捨てて、常にユーザー思考で考えてください。

では、ページ数は多い方が良いのかについてですが、「質の高いコンテンツページ」は多い方が良いです。

低品質な記事は少ない方が良いので、ページ数を増やすために低品質な記事でもお構いなしにどんどん上げるのは間違った施策になります。

コンテンツの質を保とうと思えば、記事の更新スピードが落ちてしまうけど、どちらを優先すべきか迷ったときは、更新頻度よりもコンテンツの質を優先させるようにしてください。

質の高いページが多くある状態が理想です。

中長期で計画を立てて継続的に更新する

山の頂上まで登る道筋を決める

すぐに結果が出ないことは覚悟して、継続的にコンテンツをアップするようにしてください。

結果は短期で見ずに、中長期で見るようにしましょう。

結果が出ないことに心が折れて、途中で諦めてしまう人も多いですが、途中で投げ出しては結果が出ません。

「頑張っているのに結果が出ない‥」と、焦る気持ちや精神的に辛い時期があることも覚悟して、地道にコツコツと続けて壁を乗り越えましょう。

結果が出るまでやり抜く気持ちをもって臨めば、必ずGoogleにも評価されてきます。

すぐに結果は出ないものだとわかっていると、精神的な負担も少なくて済むはずです。

コンテンツSEOのやり方は?具体的な流れの手順

コンテンツSEOのやり方の具体的な流れの手順

Webメディアを運営していく時は、いきなり思いつく記事をどんどん公開していくのではなく、計画を立ててコンテンツをアップしていく必要があります。

前準備として、どこまで自社で行い、どこまでをSEO会社やライターに外注するのかなどの「運営していく体制」は確立しておいた方が良いでしょう。

継続して運用できる体制を確立させておくことが大切です

それではここから、コンテンツSEOを行っていく手順について、順を追って説明していきますね。

STEP.1
目的を決める

コンテンツSEOを行って得たい目的を明確化しておきましょう。

PV数を増やしたいのかCV数を増やしたいのかで、取るべき戦術は変わってきます。

KPIを設定して、施策を行っていきましょう。

アナリティクスの目標設定しておくと、CV数が確認しやすくなります。

STEP.2
自社サービスの分析

目的が決まれば、自社サービスを改めて見直しましょう。

3C分析(市場・競合・自社)などを行い、自社の強みやアピールしていくサービス、ターゲットとなるユーザーのペルソナを固めていきます。

どんな相手にどんな情報を届けていくか、具体的に決めてください。

STEP.3
キーワード選定

競合調査もやりながら狙っていくキーワードを選定します。

  • 成約に繋がる、情報を発信できるなど、目的を達成できるキーワードか
  • 競合サイトが強すぎないか、難易度のチェック
  • 競合サイトが上位表示しているキーワード
  • ターゲットのペルソナとKWがマッチしているか
  • 検索ボリュームがあるか
  • サジェストキーワードの調査
  • ターゲットが興味のあるキーワード

また、リスティング広告が出稿されているキーワードは、売上に繋がりやすいキーワードであることも想像できます。

マインドマップなどを利用して、キーワードのグルーピングを行いましょう。

検索意図が同じキーワードは、ひとつの記事としてまとめていきます。

例えば、「ホームページ作成 費用」と「ホームページ作成 相場」では言葉は違いますが、どちらのキーワードも「ホームページを作成する場合の費用相場が知りたい」という検索意図ですので、ひとつの記事で対策します。

検索意図が同じで違うキーワードも全て分けて記事を作成すると、記事の重複やカニバリがおこり、上位表示が難しくなってしまいます。

記事のカニバリとは

カニバリとはカニバリゼーションのことで、類似コンテンツが複数生成されると、検索エンジンがどの記事を評価するべきか混乱してしまい、結果的にどちらの記事もコンテンツのポテンシャルよりも低い検索順位になってしまうことです。

カニバリゼーションを「共食い」とも言うように、評価が分散されて、順位が上がりにくくなってしまいます。

STEP.4
記事構成の設計

狙うキーワードの検索意図を満たした記事の構成を設計します。

ペルソナがなぜこのキーワードで検索するのか?を想定して、その答えとなるコンテンツのアウトラインを作成します。

いきなりコンテンツを書き始めるのではなく、アウトラインを設計してから書くと情報が整理されて良い記事になりやすいです。

見出しには狙っているキーワードが多く含まれているはずです。

記事構成でチェックする項目
  • Q&Aサイトをチェック
  • SNSチェック
  • 上位サイトの内容
STEP.5
コンテンツ作成

構成案に沿って記事の執筆を行います。

はじめに設計した見出しにそって内容を埋めていくだけで、必要な情報を漏れなく伝えることができます。

全てに共通することですが、無理にキーワードを詰め込んだりせず、自然と増えているのが理想的です。

共起語や関連語なども無理に入れる必要はなく、ユーザーにわかりやすく詳しく解説をしようと思えば自然と含まれてくるはずです。

記事を外注に依頼する場合は、コピペチェックなど確認することも大切です。

外注記事をコピペして、そのままアップするだけなどの手を抜かずに、文字装飾や画像、内部リンクを挿入しながら、ユーザーが読みやすい記事になるように意識しましょう。

オリジナリティのある内容かも確認してください。

STEP.6
効果測定

公開した記事の効果を検証します。

アクセス解析をチェックすることは必須です。

Googleが提供しているGoogle AnalyticsやSearch Consoleのアクセス解析ツールを利用すれば無料で貴重な情報を得ることができます。

アクセス解析でチェック

検索順位/表示回数/CTR/CVR/流入数/平均滞在時間/直帰率

はじめのうちは細かい数字まで追う必要はなく、大まかに把握しておけば良いでしょう。

目安として、3ヶ月ほどたっても全く反応がない場合は、なにか間違っている可能性があります。

全く反応がない場合
  • そもそも検索意図とズレていないか?
  • 記事の質が低くないか?
  • ペナルティは受けていないか?
STEP.7
修正・改善

状況に応じて大幅なリライトをしたり、記事統合をしたり、網羅性を高めて追記したり、記事を調整していきます。

既に流入しているキーワードがある場合は意図を満たす内容が伴っているかを確認してください。

CVRが低い場合は、成約までの動線の見直しなども行っていきましょう。

コンテンツSEOの事例

コンテンツSEOを行ったサイトの推移を見てみると、着実に積み上げていけることがわかると思います。

グーグルアナリティクスのPVの推移

記事が増えるごとにアクセスが増え、アクセスが増えることで更にサイト全体が強化され、順位が上がっていきます。

初動に時間はかかりますが、トラフィックを集めることができるようになれば、コンテンツSEOほどコストパフォーマンスの高い集客方法はありません。

コンテンツSEOを業者に依頼する時の注意点

握手を交わすビジネスマン

SEOコンサルなど、SEO会社に依頼する場合は以下のような点に注意して選んでください。

被リンク施策などをメインにする業者を選ばない

未だにブラックハットSEOを行っているSEO会社も存在します。

ブラックハットSEOは上位表示できないだけでなく、悪質な場合はGoogleからペナルティを課せられ、50位以上には二度と上がらないサイトとして認定されるリスクも伴います。

また、知らないことろで勝手にサテライトサイトから大量の外部リンクが貼られていたり、人為的なトラフィックが送られる場合もありますので、いらない施策にはNoと言えるようにしましょう。

注意

「すぐに上位表示できる」「成果報酬なので上位表示できなければ無料」などの甘い言葉に騙されず、時間がかかってでも愚直にコンテンツを磨き上げていくようにしてください。

何をやってくれるのかを確認する

SEO会社によって提供されるサービスが異なりますので、どこまでやってくれるのかを確認しておきましょう。

施策内容のチェック

アクセス解析/提案指示書/面談/月次レポート/外部リンク施策/電話相談/記事の添削/記事の作成/記事のリライト/タグの設定/サイト設計/記事の構成作成/順位チェックレポート/競合分析/タイトルの最適化/見出しの最適化/キーワード選定/被リンク調査/内部リンク/

SEO担当者には積極的に情報提供をする

資料を見せながら説明する営業マンの手元

サイト運営者の協力なくしてSEOでの成功はありません。

SEOコンサルには資料提供したり、質問に丁寧に答えるなどして、くわしく情報を伝えていきましょう。

事業者だからこそ知り得ることや、専門家ならではの見解をコンテンツとして落とし込んでいってください。

例えば、SEO会社は歯医者さんのホームページのSEO対策をすることはできますが、虫歯を治療することもできませんし、歯について詳しいわけでもありません。

「全て任せるから、うまいことやっといて!」というスタンスよりも、「一緒に良いコンテンツを作ろう」と、協力的なスタンスでいる方が結果も出やすいでしょう。

コンテンツSEOのまとめ

コンテンツSEOはテクニックに頼ったSEO対策ではなく、Googleの理念に基づく本質的なSEO対策なので、長期に渡って効果を持続することができます。

常に検証と改善を繰り返して、粘り強くコツコツと続けることで、強固なメディアを築き上げることができるでしょう。

コンテンツSEOに取り組むのなら早い方が良いです。

今からはじめることで、数年後には後発がすぐに追いつくことのできない大きな差をつけることができます。

時間がかかることを覚悟して、根気強く、諦めないことが大切です。

目先の利益欲しさに、ユーザー第一の本質を見落とさないようにしてくださいね。

ユーザーが満足できる記事を継続的にアップしていくことが成功のカギですよ。

コンテンツSEOをするなら

WebClimbの「格安SEO対策コンサル」なら、格安料金でコンテンツSEOを行うことができます。

本気でSEO対策に取り組んでいく覚悟のある方は、本当に実力のあるSEOコンサルを選んでください。

格安SEO対策神戸の格安SEO対策コンサル【初期費用無料】Google検索順位を上げる施策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA