コンテンツマーケティングの進め方とは?効果がわかる成功事例やメリットも解説

コンテンツマーケティング進め方・事例・メリット

コンテンツマーケティングという手法は、2010年頃に日本のビジネス界に導入され始めました。

今では大手企業からスタートアップ企業まで、多くの企業がコンテンツマーケティングに力を入れています。

しかし、コンテンツマーケティングは、ただ導入するだけでは期待するような効果を得ることはできません。

本記事では、コンテンツマーケティングを成功させるための具体的な方法を解説します。

効果がわかる成功事例やメリットなども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

WebClimbを友だち追加

価値ある情報を顧客に与えるコンテンツマーケティング

価値ある情報を顧客に与えるコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、インターネット上のコンテンツ(ブログ記事やメルマガなど)を使って集客を行うマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングでは会社の方から積極的に顧客に働きかけるのではなく、顧客が興味を持ってくれるようなコンテンツを作成しながら顧客が自発的に契約に訪れるのを待つことになります。

コンテンツマーケティングの要となるコンテンツは、必ず顧客にとって価値のあるものでなくてはなりません。

制作者の自己満足で作られたようなコンテンツだけを量産しても、顧客が価値を見出してくれる可能性は低いです。

逆に顧客のニーズを満たすようなコンテンツを多く作成できれば、集客効果が上がり、サイトのファンを増やせる可能性が高まります。

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一手段に過ぎない

コンテンツマーケティングの一つとしてあるSEO

コンテンツマーケティングは、よくコンテンツSEOと混同されがちです。

しかし、コンテンツSEOはあくまでもコンテンツマーケティングの手段の一つに過ぎません。

コンテンツマーケティングは、自社サイトを中心的な媒体として行うマーケティングのことを指します。

一方、コンテンツSEOはインターネットの検索画面で自社のサイトが上位表示されるように策を施すことをいいます。

MEMO

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングを行う上で欠かせないものですが、あくまでもコンテンツマーケティングのプロセスの一部として捉えられている手法の1つなのです。

コンテンツSEOとは?質の高い記事で集客するマーケティング手順コンテンツSEOとは?質の高い記事で集客するマーケティング手順

コンテンツマーケティングの効果が分かる成功事例2つ

コンテンツマーケティングを行うとどのような効果があるのか、いまいち具体的にイメージできないという方は少なくないでしょう。

そこで、コンテンツマーケティングの効果が分かる2つの成功事例を紹介します。

1.suumo

suumo

転職サイトとして有名なリクルートが運営する不動産総合ポータルサイト「suumo」は、コンテンツマーケティングによって高い集客効果を得られるようになりました。

どのようにコンテンツマーケティングを実践したのかというと、ただ不動産情報を掲載するだけではなく、不動産を借りる人が必要とするであろうお役立ち情報も一緒にサイトに掲載することにしたのです。

中でも、「一人暮らしの部屋決めから引っ越しまでのやることリスト」や「引っ越し時の挨拶の仕方」などの記事コンテンツは高い集客効果を発揮しています。

2.Mint

Mint.com

クラウド上で家計簿の管理ができるクラウド型家計簿ソフト「Mint」も、コンテンツマーケティングによって潜在的な見込み客の集客に成功したサイトの一つです。

もともとネット広告などは出していたのですが、それだけでは現時点で家計簿ソフトを必要としているごく一部に対しての宣伝にしかなっていませんでした。

そこで、「子供を大学に入れるまでにどのくらいの資金がかかるのか」や「老後までに準備しておくべき資金」などについての情報をまとめたコンテンツを豊富に用意することにしたのです。

結果、家計簿を必要とする可能性のある潜在的な顧客が、次々と自社サイトに訪れるようになりました。

コンテンツマーケティングを実施するメリット

コンテンツマーケティングを実施するメリット

コンテンツマーケティングには、他のマーケティング手法にはないメリットがいくつかあります。

コンテンツマーケティングを実施すると得られる主なメリットは、以下の4つです。

1.コンテンツの資産効果によって低コストで集客ができる

コンテンツマーケティングで作成したコンテンツは、削除されるまでずっと資産効果が続きます。

一方、ネット広告やCMなどの資産効果は思ったよりも長続きしません。

広告は掲載期間が終了してしまうとその資産効果を失ってしまいますが、その割にかかる費用は高額です。

MEMO
広告を出すごとに大きなコストをかけるよりも、小さなコストでコンテンツを作り続けた方が結果的にマーケティング費用を安く抑えられます。
集客できるホームページ制作!自社サイトの集客で成功する方法とコツ集客できるホームページ制作の方法!自社サイトの集客で成功するコツ

2.宣伝や紹介をする側の負担が少ない

コンテンツの紹介はTwitterなどのSNSで気軽に行えるため、宣伝する側の負担は最小限で済みます。

また、SNSでの宣伝は、特定の相手にではなく不特定多数の相手に対して行われものです。

そのため、宣伝する側は自分の発言にそこまで大きな責任を負う必要はありません。

口頭で会社自体を誰かに紹介するよりも、会社のコンテンツをネット上で紹介する方が簡単なため、コンテンツマーケティングの方がより高い宣伝効果を見込めるのです。

起業時のホームページ作成|成功に導く制作方法起業時にホームページが必要になる理由とは?成功に導く開業後のサイト作成方法

3.ラポール形成やブランディングの効果がある

自社のコンテンツをユーザーに気に入ってもらうことで、顧客とのラポールを築きやすくなります。

質の良いコンテンツを提供すればするほど、会社のイメージが良くなっていくためです。

MEMO
会社のイメージが良くなると、「〇〇といえばこの会社だ!」というブランディングがしやすくなります。
Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策

4.到達可能な範囲が広くなる

自分たちの足だけで営業しようとすると、どうしても到達可能範囲は狭まってしまいます。

特に地方にある企業の場合は、人的リソースやコストを割いて都心部への営業を行うのは厳しい面があるでしょう。

その点、ネット上で行うコンテンツマーケティングは有利です。

ネット上に存在するコンテンツは、当然世界のどこにいても見ることができるので、集客の範囲を地域によって限定されることがありません。

中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法

コンテンツマーケティングの具体的な進め方

コンテンツマーケティングの具体的な進め方

効果的なコンテンツマーケティングを行うためには、以下の手順で進めていく必要があります。

STEP.1
有益な存在だと認知される

自社のサイトがユーザーにとって役に立つ物だと認知させることが、コンテンツマーケティングの第一歩となります。

自社のターゲットとなり得る人たちがどのような悩みを抱えているのか、またはどのような情報を欲しがっているのか考えてみましょう。

まずは顧客の満足度を満たすことを優先し、高クオリティの教材などを無料でプレゼントしてみるのも一つの手です。

STEP.2
ベネフィットについて興味を引く

自社と契約することで得られるベネフィットについて興味を引きましょう。

ベネフィットとは

ベネフィットとは、顧客が自社の商品を購入することで得られる利益や恩恵のことです。

無料お試しサービスを行ったり、既存客のリアルな口コミをコンテンツとして用意したりするのが効果的でしょう。 

STEP.3
積極的に売り込む

ユーザーが自社のサービスを有益なものだと認識し、ベネフィットについて具体的にイメージできる状態まできているのなら、ようやく積極的にセールスを行うタイミングだといえます。

すでに自社の商品を欲しいと思っているユーザーに対して購入方法などを案内すれば、疎まれることはまずありません。

メルマガ登録者に対して限定的にオファーをかけるのも効果的です。 

STEP.4
リピート客に育てる

一度商品を購入してくれた顧客に対してさらなるアプローチをかけ、リピート客に育てるのもコンテンツマーケティングの重要なプロセスの一つです。

メルマガで定期的にお役立ち情報を提供して接点を絶やさないようにしたり、新商品を開発してアップセル・クロスセルに繋げたりして顧客との関係を持続させましょう。 

STEP.5
ファンによって自然に宣伝されていく

自社のファンを獲得できれば、SNS等で自社の商品やサービスをどんどん宣伝してもらえるようになります。

良いものを発信して自身のSNSアカウントに注目が集まれば、それがファンにとってのメリットとなるためです。

ここまでくればコンテンツマーケティングの恩恵を最大限に受けることができるでしょう。 

コンテンツマーケティングのゴールはファンを獲得すること

マーケティングのゴールとは、通常、新規顧客を獲得し契約を結ぶことを指します。

しかし、コンテンツマーケティングの場合は、一回の契約をゴールとしているわけではありません。

質の高いコンテンツを提供し続け、自社のファンを多く獲得することこそ、コンテンツマーケティングの最終目標といえます。

ファンによって自社のサービスがどんどん拡散されていけば、地道に営業を行うよりも高いマーケティング効果を得られるのです。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA