Webライティングとは?文章力が上がる5つの基本テクニックと書き方の禁止事項

Webライティング

スマホが普及したことで、Webライティングの記事を読む機会が増えてきています。

企業のマーケティング活動でも、Webライティングは積極的に取り入れられているのが現状です。

この機会にWebライティングをはじめてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそのようなWebライティング初心者の方のために、Webライティングの腕がみるみるあがる執筆テクニックやWebライティングの禁止事項について解説していきます。

ぜひ本記事の内容を参考に、スキル向上を目指してみてください。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

WebClimbを友だち追加

Webライティングとは?

Webライティングとは

Webライティングとは、インターネット上で記事を書くことをいいます。

ランキング系の記事や専門情報をまとめた記事などが、主なWebライティングコンテンツです。

Webライティングを行う目的は、大きく以下の2つに分類できます。

  1. 読者数を増やす
  2. 検索結果の上位に表示されるようにする

ただ記事を量産するだけでは、上記の目的は果たせません。

紙媒体とは違い読者は根気強く文章を読んではくれませんし、検索結果の上位表示を狙うならSEOの施策も取り入れていく必要があります。

Webライティングの質を上げるにはインターネットユーザーの心理に寄り添い、検索エンジンに評価されるような記事を書くための技術がいるのです。

SEOライティングの質を左右するルールと禁止行為SEOライティングの質を左右する4つのルールと2つの禁止行為

Webライティングのスタートからゴールまでの流れ

Webライティングの基本的な進め方を紹介します。

Webライティングのスタートからゴールまでの流れ

STEP.1
ターゲットを定めてから記事の構成を考える
STEP.2
構成に従って執筆する 
STEP.3
読者目線を意識して読み直し修正していく
STEP.4
時間帯を考えて記事を公開する

最初に誰に向けて誰のために記事を書くのか、ターゲットをしっかり定めましょう。

そうすれば内容がブレることのない読みやすい構成を作成できます。

構成に沿って一気に記事をかき上げたら、今度はなるべく読者の目線に立って記事を読み直し修正していきましょう。

最後に、ターゲットが一番記事を見る可能性が高い時間帯に記事をリリースします。

アクセス数を増やす具体的な方法ホームページのアクセス数を増やす具体的な4つの方法|サイト閲覧数アップ対策

Webライティングの腕を上げる5つのテクニック

初心者の方でも、一気にWebライティングの腕を上げられる簡単なテクニックを5つ紹介します。

全てを完璧に実践するのは難しいかもしれません。

ですが、意識をするだけで記事の質はぐっと良くなるはずです。

1.SDS法かPREP法で書き進める

文章を書くときはなるべくSDS法PREP法で書き進めるように意識しましょう。

どちらも読者がすばやく文章を読むために開発された方法です。

SDS法

SDS法は「Summary(概要)→Details(詳細説明)→Summary(まとめ)」の順で書き進める方法で、よりスピーディに内容を把握しやすくなります。

PREP法

PREP法は「Point(結論)→Reason(結論の理由)→Example(例え)→Point(結論のくり返し)」の順で書き上げる方法です。PREP法の方がより詳しく内容を説明できます。

ブログの見出しの付け方とは?記事に付ける見出しタグの書き方ルールと効果ブログの見出しの付け方とは?記事に付ける見出しタグの書き方ルールと効果

2.文は短くシンプルに文末はリズムよく

Webライティングを行う時は、なるべく一文は短くしましょう。

長くても40文字前後の文章を心掛けるのが理想です。

文が短ければ読者がすばやく記事を読めるようになるので、離脱率を低くできます。

また、いろいろな文末を使ってリズムよく文章を読めるようにするのも質を上げるコツです。

MEMO

「~です」という文末でしめた後の文は文末を「~ます」にするなど、文末の種類を変えるだけでリズムを良くすることができます。

3.読者を置いてけぼりにしない

読者の理解を待たずに話が飛んでしまう記事は望ましくありません。

記事を書き上げたら、最初から第三者の気持ちになって読み直してみましょう。

専門用語が多くなってはいないか、論理の飛躍が起きていないかなど注意深く確認する必要があります。

4.可能な限り網羅性と独自性を高める

読者が知りたがっている情報は、可能な限りすべて記事に書くようにしましょう。

記事の網羅性が高くなるほど、読者の離脱率は低くなります。

また記事としてのも上がるので、検索エンジンからも評価されやすくなり一石二鳥です。

なお、検索エンジンは網羅性だけではなく、記事のオリジナル性も重視しています。

他の記事には書かれていないような独自性のある内容が書かれていると、評価が上がるのです。

Googleで検索順位を上げる|検索結果で上位表示される仕組みGoogleで検索順位を上げる方法!ネットの検索結果で上位表示される仕組みとは?

5.E-A-Tが保たれているかチェックする

記事を書き上げたら、E-A-Tという3つの要素を満たせているか記事の内容をチェックしましょう。

E-A-Tは検索エンジンから高く評価されるために欠かせない要素です。

E-A-Tとは

EはExpertise(専門性)、AはAuthoritativeness(権威性)、TはTrustWorthiness(信頼性)のことをそれぞれ指しています。

「この記事でしか知れない内容」が書いてあり、「信頼できる情報元」が示されていて、「偽りの内容が書かれていない」記事ならば、問題はありません。

Webライティングでやってはいけない2つのタブー

Webライティングを行ううえで、決してやってはいけないことが2つあります。

1.記事を書きっぱなしにして一度も見直さない

一度書いた記事を一度も見直さないという人は、Webライティングのタブーを犯しています。

記事を公開した後も何度か読み直して、E-A-T要素や文章の構成を見直しましょう。

そうすることで、訪問者数がアップしたりSEO効果が高まったりするのです。

必要であればリライトも行いましょう。

リライトとは?SEO効果を高めるコツと注意点|優先的にリライトすべきブログ記事の選び方リライトの意味とは?SEO効果を高める文章のコツと注意点|優先的に作業すべきブログ記事の選び方

2.他人の記事をそのまま真似る

他の人が書いている記事をそのまま真似するのは、SEO的にもマナー的にもご法度です。

検索エンジンは記事のコピペ率については必ずチェックをしています。

盗作した場合は必ずバレてしまうのです。

オリジナリティがない上に悪質なサイトだと判断され、サイト自体が検索エンジンに表示されなくなる可能性もあるので十分に注意しましょう。

Webライティングでは読みやすさを重視しよう

インターネットユーザー達は、一度の検索で複数の記事やサイトを確認することになります。

この時多くのユーザーは、自分の求めている情報がそこにあるのかということを瞬時に判断しながら検索を行っているのです。

どんなに良い文章を書いても、ユーザーが必要な情報があると瞬時に判断してくれなければ記事を読んではもらえません。

今回紹介したテクニックは、ユーザーが記事の内容を判断しやすいように記事を書くためのものです。

読みやすい記事作成を心掛ければ、ユーザーが記事に長く滞在しやすくなります。

一度にすべて覚えられなくても良いので、少しずつテクニックを実践しWebライティングの腕を磨いていきましょう。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA