リライトの意味とは?SEO効果を高める文章のコツと注意点|優先的に作業すべきブログ記事の選び方

リライトとは?SEO効果を高めるコツと注意点|優先的にリライトすべきブログ記事の選び方

「リライトしたけどアクセス数が伸びない」

「伸びている記事と伸び悩んでいる記事の差がひどい」

このような悩みごとがある方は、流入数の増加につながるようなリライトができていない可能性があります。

リライト方法を間違えると今までの集客効果を失ってしまう恐れもありますので、まずは正しくリライトする方法をしっかりと覚えましょう。

リライトを成功させるために忘れてはいけない注意点についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

WebClimbを友だち追加

リライトとは一度公開した記事に手を加えることである

リライトとは一度公開した記事に手を加えることである

リライトとは

リライトとは、一度公開した記事コンテンツの文章やタイトルを書き直すことをいいます。

文章だけではなく画像を差し替えたり、タグを付けなおしたりするのもリライト作業の一環です。

リライト作業は現在の記事をより良いものに進化させ、読者数を増やすことを目的として行われます。

サイトにまだ少ししかコンテンツがないという場合は、そもそもサイトとしての質が低い状態なので、リライトよりもコンテンツ数を増やすことに集中するべきです。

しかし、ある程度コンテンツ数が充実してきたにもかかわらず思いのほか流入数が上がらないという場合は、一旦新規コンテンツの作成はストップして、リライト作業に集中してみると良いでしょう。

ブログで集客するコツ|集客を邪魔する壁を打ち破る方法ブログで集客するコツ!集客を邪魔する「3つの壁」を打ち破る方法

リライトが上手くいったときに期待できる効果

リライトが上手くいったときに期待できる効果

記事のリライトが成功すると、サイトにとって嬉しい以下のような効果が発現する可能性があります。

記事の質が良くなりアクセス数が増加する

放置していた記事をリライトすることで、アクセス数が一気に増加する可能性があります。

ユーザーに気に入ってもらえるような内容に記事を書き直せば記事の質が良くなり、Googleからの評価もおのずと上がっていくはずです。

検索結果の上位に表示されるようになれば、コンテンツを増やさなくてもアクセス数は伸びていくでしょう。

Googleで検索順位を上げる|検索結果で上位表示される仕組みGoogleで検索順位を上げる方法!ネットの検索結果で上位表示される仕組みとは?

ポテンシャルの高い記事が本領を発揮できる可能性がある

リライトをすることによって、捨て記事にしていたコンテンツがアクセス数をどんどん稼ぐようになるというケースもめずらしくありません。

テーマやキーワードは悪くないはずなのになかなか読者が増えないという記事は、リライトしてより良い記事にブラッシュアップしてあげましょう。

ポテンシャルの高い記事をアクセス数が伸びないからと放置してしまうのは、非常にもったいないことです。

リライトを行うべき記事の優先順位の効果的なリライト方法

リライトを行うべき記事の優先順位の効果的なリライト方法

リライトを行う時は、まず対象となる記事を選ぶ基準を決めましょう。

Google検索で表示される順番によって、手をつける優先順位や修正する範囲を決めていくのがおすすめです。

記事のリライト箇所は検索順位によって優先度がある程度決まってきますが、全体的には以下の点を改善していくことでSEOの効果を高めていくことになります。

リライトする時のポイント
  • ユーザーの検索意図とのズレをなくす
  • ユーザーが知りたい情報を可能な限り網羅する
  • YMYL(健康や法律などのデリケートなジャンル)の記載を見直す
  • E-A-T(専門性-権威性-信頼性)を高める
  • 自分の経験なども含んだオリジナル性の高い内容にする

優先度【高】:検索順位が2位~15位の記事

検索結果の2位~15位以内に表示される記事は、最優先でリライトしてあげるようにしましょう。

リライトなしでここまでの順位を獲得できたということは、かなりポテンシャルの高い記事であることが予想されます。

タイトルやアイキャッチ画像など、分かりやすい訴求ポイントを軽く修正してあげるだけで、アクセス数の増加が期待できるでしょう。

たとえば、この範囲の順位に表示されるにもかかわらずCTR(クリック率)が低い記事がある場合は、タイトルをもっとユーザーの検索意図に寄り添ったものにしてあげるだけでCTRが伸びる可能性があります。

ブログの見出しの付け方とは?記事に付ける見出しタグの書き方ルールと効果ブログの見出しの付け方とは?記事に付ける見出しタグの書き方ルールと効果

優先度【中】:検索順位が16位~30位の記事

検索順位の16位~30位以内に表示される記事は、ユーザーの検索ニーズを網羅できていない可能性が高いです。

そのキーワードで検索したユーザーがきちんと満足感を得られるような情報を余すところなく提供できているか、もう一度見直してみましょう。

専門用語が多過ぎたり、文章が長すぎたりしないかという細かな点にも注目してみてください。

SEOライティングの質を左右するルールと禁止行為SEOライティングの質を左右する4つのルールと2つの禁止行為

優先度【低】:検索順位が30位より低い記事

検索結果の3ページ目以降に表示される記事は、キーワードが検索される意図を正しく把握できていないコンテンツである可能性が高いです。

これらの記事は一部分をリライトするのではなく、記事の構成から作り直す必要があります。

また、CTRが高いにもかかわらず検索順位が伸びない記事がある場合は、タイトルだけが魅力的に映っている可能性が高いです。

タイトルに釣り合うような内容に修正していきましょう。

リライトを行う時の3つの注意事項

リライトを行う時の注意事項

リライトをしたことでアクセス数が増加するどころか、逆に減少してしまったという失敗例も度々報告されています。

リライトに関する以下の2つの注意点を頭に入れておけば、そのような失敗を未然に防ぐことができるでしょう。

1.熟読率の高い箇所は削らない

検索順位が低いからといって記事全体が読まれていないわけではなく、一部だけ熟読されているような場合もあります。

そのような箇所は検索ニーズにヒットしている可能性が高いので、リライトする時に削ってしまわないように注意しましょう。

リライト作業を行う前に、ヒートマップを活用してページ内の熟読率を調査することをおすすめします。

2.リライト後の効果を必ず計測する

記事を1度リライトしたからといって、安心して記事を放置してはいけません。

リライト後は修正による効果がきちんと現れているか「Google Search Console」などを使って計測する必要があります。

リライトが成功している場合は以下のデータに変化があるはずですが、変化がない場合や状況が悪化した場合は再度別の角度からのリライトを試みましょう。

  • 検索画面にページが表示された回数
  • CTR
  • 平均掲載順位
アクセス数を増やす具体的な方法ホームページのアクセス数を増やす具体的な4つの方法|サイト閲覧数アップ対策

3.記事のタイトルを何回も短期間で変更しない

記事のタイトルを何度も変更しすぎると、Googleに悪質なスパム記事だと判断されてしまうかもしれません。

リライトでタイトルを変更する必要があるのなら、少なくとも一ケ月以上は時間を置いた方が良いでしょう。

リライトを行う時はユーザー目線を特に意識しよう

リライトはGoogleからの評価を高めるために行うものです。

Googleは常に「ユーザーにとって価値のあるコンテンツかどうか」という視点で評価を下しています。

そのため、リライトする側も、ユーザー目線を意識しながら修正作業を行わなければなりません。

「なるべく専門用語は使わずに分かりやすい言葉で説明しよう」

「ユーザーの知的好奇心を満たすためにより深く内容を掘り下げよう」

というような心遣いが、結果的に高いSEO効果を生むのです。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA