SEOライティングの質を左右する4つのルールと2つの禁止行為

SEOライティングの質を左右するルールと禁止行為

ブログの記事を書くときや自社のWEBサイトに記事コンテンツを増やす際、意識したいのがSEOライティングです。

SEOライティングを行うことで、サイトへの来訪者を増やすと同時に離脱率を防ぐことができます。

しかし、SEOライティングと一口に言っても、どのような書き方をすれば良いのか具体的に分からないという方も少なからずいるはずです。

そこで今回は、SEOライティングの質を高めるために守るべきルールや気を付けなければならない禁止事項について解説していきます。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

WebClimbを友だち追加

SEOライティングの基本は分かりやすく読みやすく

SEOライティングの基本は分かりやすく読みやすく

SEOライティングで絶対に守らなければならない基本ルールは、ユーザーとコンピューター両方に分かりやすく読みやすい文章を書かなければならないということです。

サイトを訪れてくれたユーザーは何か目的があって検索を行っているはずなので、自分の求めている答えが見つかりにくそうだなと思ったらすぐにページから離れて行ってしまいます。

また複雑な文章や長すぎる文章は、Googleのクローラー(ロボット)に嫌われる傾向があるので注意が必要です。

クローラーの循環が悪くなると、サイトの評価が下がってしまい、検索結果の表示順位が下がってしまいます。

「分かりづらい文章になっていないか?」

「コンピューターが巡回しやすい分かりやすい構造の記事になっているか?」

上記のような考え方が、SEOライティングを極めるための第一歩となります。

今後いろいろなSEO知識を取り込んだとしても、この基本ルールだけは忘れないようにしましょう。

コンテンツSEOとは?質の高い記事で集客するマーケティング手順コンテンツSEOとは?質の高い記事で集客するマーケティング手順

SEOライティングの質を上げるための4つのルール

SEOライティングの質を上げるためのルール

SEOを意識して文章を書き始めたものの、なかなか結果が表れないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ここではSEOライティングの質をより高めるための4つのルールを紹介しますので、SEOライティングに関する悩みを持っている方はぜひ参考にしてみてください。

1.文章を書き始める前にターゲットとキーワードを決める

SEOライティングの質を上げたければ、最初に適切なターゲットとキーワードを設定しなければなりません。

この2つが曖昧だと、内容がブレた的を射ない記事やブログが出来上がってしまいます。

ターゲットを決める時は、読者となり得る架空の人物(ペルソナ)を一人作り上げて、生活スタイルや家族構成など細かな設定を決めていく方法が有効です。

ペルソナが明確になったら、その人物が興味を持ちそうなキーワードを洗い出します。その後、作成するコンテンツのテーマとなるキーワードを決定しましょう。

キーワード選定とは?キーワード選定の方法と役立つツールキーワード選定とは?SEOで欠かせないキーワード選定の方法や役立つツールをご紹介

2.キーワードの共起語を意識しながら構成を決める

キーワードを決めるだけでは記事の内容が大味になってしまう恐れがあるので、関連する共起語も意識しながら構成を考えていきましょう。

たとえば、「旅行」というキーワードを選んだのなら、「海外」とか「持ち物」というのが共起語になり得ます。

また、記事の構成を考える時には、検索してたどり着いたユーザーが知りたいであろう情報をすべて記載できるように努力しましょう。

必要な情報が網羅されている記事ならばユーザーの滞在時間が長くなりますし、サイトやブログをブックマークしてもらえたりリンクを貼ってもらえたりする可能性が高まるためです。

さらに、見出しタグ(H2やH3)も正しく付けるように心掛けると記事の質が上がります。

読者が読みやすくなるだけでなく、Googleクローラーが記事をチェックしやすくなる効果があるためです。

ロングテールキーワードとはロングテールキーワードの意味とは?SEOで有利なニッチキーワードの見つけ方や活用するメリット

3.本文執筆中は読みやすさとキーワードを意識する

構成まで決まったらさっそくライティングをしていきますが、その時には以下の2点を常に意識するようにしましょう。

  • 読みづらい文章になっていないか?
  • キーワードから外れた内容を書いていないか?

長すぎる文章や主語が分かりづらい文章は、ユーザーにとって読みづらいものであるが高いです。

また、話が脱線する傾向がある方も注意しましょう。

たとえばフランス旅行の記事ならば、フランスへの移住に関する文章を書く必要はありません。

キーワードとの関連性が薄まり、Googleからの評価が下がってしまう恐れがあります。

4.書き終わった後もリライトで質を高める

一度公開した文章を見返す習慣がないという方は、今すぐに過去の記事を見直して必要ならばリライトを行うようにしてください。

過去に書いた記事を適切にリライトすれば、サイト全体の評価を高めることができます。

 

リライトを行う時は今まで意識してきたことに加えて、以下のポイントについても厳しくチェックするようにしましょう。

  • 読者が求めている情報が余すことなく記載されているか?
  • 記事の内容にオリジナリティはあるか?
  • 記事内に書いた知識は専門的で正しいものか?
  • 信頼できる人物やサイトの言葉を正しく引用できているか?
  • 画像やタグ付けは適切か?
  • ユーザーが離脱しやすいポイントと問題点は?

記事の見直しを行う時には、Googleアナリティクスを活用するのがおすすめです。

Googleアナリティクスを使えば、訪問者がどんなキーワードで訪問してきたのかが調べられたり、滞在時間もセッションごとに細かくチェックできたりするので、問題点を洗い出しやすくなります。

コンテンツマーケティング進め方・事例・メリットコンテンツマーケティングの進め方とは?効果がわかる成功事例やメリットも解説

絶対禁止!SEOライティングにおける2つのタブー

SEOライティングにおけるタブー

SEOライティングのルールをどんなに忠実に守っていても、以下の禁止行為を犯してしまったとたんに努力が水の泡になってしまう恐れがありますのでくれぐれも注意してください。

SEOライティングの2つの禁止行為
  • 独りよがりな構成やキーワード選定
  • オリジナリティと根拠のない情報を混同する

キーワードの選定は自己満足のためではなく、100%ユーザー満足のために行いましょう。

自分の主張や趣味の話をしたい場合でも、その話を聞きたい読者が存在するかどうかはしっかりと見極めるべきです。

また、独自性を出すために根拠のない情報を記載するのもNGです。

誰も知らないような情報を書く時には、誰の知識や経験に基づく情報なのかをしっかりと記載しましょう。

ホームページ作成でやってはいけないことホームページ作成でやってはいけない7つのこと!Web制作でのNG理由や注意点を解説

SEOライティングを行う時は本来の目的を常に忘れないようにしよう

SEOライティングの質を高めるには、ルールを守ることとタブーを犯さないことが大切です。

ですが、「なぜSEOライティングをしているのか」という本来の目的を見失ってしまっては全く意味がありません。

自社の売り上げをのばしたいとかアフィリエイトを成功させたいなど、それぞれに必ず目的があるはずです。

そのため、SEOライティングの成果をチェックする時には訪問者数などとあわせて、本来のゴールにどのくらい近付いているのかも忘れずに確認するようにしましょう。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA