Webサイトリニューアルの手順!ホームページ改修を成功させる進め方を解説

Webサイトは完成させた後も定期的にリニューアルしていく必要があります。

サイトのデザインが時代遅れになってしまうということだけではなく、増えてきた情報を見やすいように整理するためにもサイトのリニューアルは必要不可欠です。

本記事では、サイトリニューアルを行うべきタイミング失敗しないサイトリニューアルの進め方について解説します。

適切なサイトのリニューアル方法を知り、自分のサイトの効果を最大限に高めていきましょう。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

Webサイトリのニューアルで重要なのは「タイミング」と「目的」

SEO対策

サイトリニューアルを行う時は、タイミング目的に気を付ける必要があります。

タイミングが悪いと‥
タイミングが悪いと、それまでサイトに訪れていたユーザーが来なくなったり、サイトのファンだった人が離れていったりしてしまう可能性があるでしょう。
目的がないと‥
目的がはっきりしないままサイトのリニューアルを行うと、サイトの効果が薄くなったり、サイトに来てほしいターゲットが来なくなってしまったりする恐れもあります。

サイトリニューアルを行う時は、なぜリニューアルを行うのかその目的をはっきりさせて、適切なタイミングで行うように心掛けましょう。

集客できるホームページ制作!自社サイトの集客で成功する方法とコツ集客できるホームページ制作の方法!自社サイトの集客で成功するコツ

Webサイトリニューアルをすべきタイミング

ただ思い立ったからという理由だけでサイトリニューアルをしてしまうと、今まで築き上げてきたものが一気に崩壊してしまう恐れがあります。

そのような事態を招かぬためにも、サイトリニューアルを行う時は、以下のようなタイミングで実行するようにしましょう。

サイトのターゲットが変わった時

サイトに訪れてほしいターゲット層が変わった時は、サイトリニューアルを行った方が良いでしょう。

たとえば‥

もともとサイトを作成した時には50代以上の男性をターゲットにしていたけれど、売りたい商品が変わるなどして今度は20代女性をターゲットにするタイミングが訪れるかもしれません。

そのような時には、サイトのデザインやコンテンツの内容を大きくリニューアルする必要があるでしょう。

企業のホームページ作成|法人の会社HPの必要性と制作手順企業のホームページ作成方法をプロが解説|法人の会社HPの必要性と制作手順

サイトのデザインが古くなってきた時

サイトのデザインは日々進化しているので、数年経って古くなってきたと感じたらリニューアルを行った方が良いです。

一般的にサイトデザインのトレンドは2~3年の周期で変化するといわれています。

特に個人向けのサイトの移り変わりは早く、3~4年も経てばサイトのデザインは古くなってしまうのです。

法人向けのサイトであればある程度古くても許容されることが多いため、5~6年はサイトリニューアルをしなくても問題ないでしょう。

サイトの情報が整理されていないと感じた時

サイトを更新する度に情報が増え、サイトのどこを見れば欲しい情報が見つかるのか客観的に分かりづらくなってきたと感じた時も、サイトリニューアルを行うタイミングです。

掲載情報が多いにもかかわらず整理されていないままだと、サイトに訪れたユーザーは混乱してすぐにサイトから離脱してしまうでしょう。

そうならないためにも、ブログのカテゴリ分けを見直したり、導線リンクがこんがらがったりしていないか整理しなおす必要があります。

サイトがSSL化されていない時

サイトのURLを見て「http://」となっている場合はサイトがSSL化されていないため、サイトリニューアルをする必要があります。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネットの通信を暗号化するシステムのことです。

現時点でSSL化されていないサイトは、「このページは保護されていません」という警告が表示されます。

訪れたユーザーに不安感を与えないためにも、今すぐSSL化を行いましょう。

MEMO

ちなみに、SSL化が完了しているサイトのURLは「https://」と表示されます。

スマートフォンで見るとサイトが変に見える時

スマートフォンから確認した時にサイトが見にくく感じる場合は、早急にサイトリニューアルを行いましょう。

スマートフォンからでもパソコンからでも見やすいサイトのデザインを「レスポンシブWebデザイン」といいます。

Googleが2018年にモバイルページを評価の基準とする「モバイルファーストインデックス」を発表して以来、Webサイトのモバイル対応は検索表示順位を左右する重要な要素となっています。

ホームページのスマホ対応|具体的な対応方法今すぐにホームページをスマホ対応にすべき理由|HPをスマホ最適化する具体的な対応方法

Webサイトリニューアルの目的を決める時の注意点

Webサイトをリニューアルする時は、ただの手段を目的として設定しないように注意しましょう。

たとえば、サイトの構造を簡略化させたり、モバイル対応させたりすることはサイトリニューアルの目的ではなく、手段の一つに過ぎません。

手段を目的としてしまうと、本来のリニューアルの意味を見失ってしまいます。

「ユーザーが目的の情報にスムーズにたどり着けるように、サイトの構造を簡略化させよう」

「スマホからの来訪者を増やすためにモバイル対応をしよう」

というように、手段によって叶えたい目的を明確にしておきましょう。

中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法

失敗しないWebサイトリニューアル達成までの手順

Webサイトリニューアルは、基本的に「ヒアリング→課題設定→仮説立案→設計→デザイン→ページ作成→運用」の順番で行うものです。

この手順を正しく実行するために、以下の7つのステップでサイトリニューアルを行うことをおすすめします。

STEP.1
現サイトの問題点を洗い出す

ヒアリングの段階では、現サイトの問題点を正しく把握するための洗い出しを行います。

サイトを運営している担当者だけではなく、チームの仲間やサイトを訪れたユーザーにアンケートを取って、サイトのどの部分が悪いのか意見を募ってみるのです。

客観的に現サイトの問題点を考えることで、サイトリニューアルの目的をはっきりさせることができます。

ホームページ作成でやってはいけないことホームページ作成でやってはいけない7つのこと!Web制作でのNG理由や注意点を解説
STEP.2
目標達成の指標となるKPIを設定する

サイトリニューアルをする目標が決まったら、その目標をどのくらい達成できたかどうか計測するための指標となるKPIを設定する必要があります。

MEMO

サイトに訪れるユーザーを増やしたいという目標を立てたのなら、サイトの来訪者数がKPIとなるでしょう。

ユーザーになるべく長くサイトに留まってほしいという目標があるのなら、サイトの滞在時間が一つの指標となります。

STEP.3
要件定義書を作成しチームで共有する

目標とKPIが決まったら、サイトリニューアルの要件定義書を作成しましょう。

要件定義書にはサイトリニューアルをする目的や期間、予算、作業範囲などを記入します。

要件定義書を見れば、チーム全員が「いつ、誰が、何を、どうするのか」把握できるようになるのです。

要件定義書さえしっかりしていれば、その後の作業が滞ることはほとんどありません。

注意

逆に、要件定義書を雑に作成してしまうと、作業が中断したり、ミスが起こったりする可能性が高まるので注意しましょう。

STEP.4
サイトマップとワイヤーフレームを作成する

要件定義書が完成したら、次はサイトの設計に移ります。

サイトの設計を考える時は、まずサイト全体の構成であるサイトマップから考えるべきです。

どのようなページをいくつぐらい作るのか、何を記載するのかなど、細かなサイトの構造を設計します。

サイトマップが作れたら、今度はページごとのレイアウト(ワイヤーフレーム)を決めましょう。

ワイヤーフレームではそこまで細かくデザインを作り込む必要はありません。

何をどこに配置するのかという全体的なページのレイアウトを決定できれば十分です。

STEP.5
サイトのデザインとコンテンツを作成する

設計が終わったら、今度はサイトのデザインコンテンツを作成していきます。

サイトのデザインやコンテンツは、ユーザーを呼び込んで長く滞在させるために最も重要な役割を果たすものです。

そのため、作成するには専門的な知識がある程度必要になります。

自分で作成しても構いませんが、自信のない場合は少しコストを割いてでもプロの制作会社などに依頼した方が良いでしょう。

Web制作会社の選び方|ホームページ業者を選ぶ際の事前準備や注意点【失敗しない】Web制作会社の選び方!ホームページ業者を選ぶ際の事前準備や注意点
STEP.6
コーディング

プログラミングによってサイトを作成する作業をコーディングといいます。

一からサイトを作るためには、HTMLやCSS、JavaScriptなどをはじめとしたプログラミング言語に関する知識が必要となるでしょう。

もしも資金をかける余裕があるのなら、フリーのエンジニアやきちんとした制作会社に依頼した方が無難です。

知識のない状態でサイトを作成すると、セキュリティやSEOの甘いサイトができてしまう恐れがあります。

STEP.7
運用・測定・改善を繰り返す

サイトリニューアルが完了しても、リニューアルの効果を測定したり改善点を探したりする必要があります。

そのまま放置してしまっては、サイトリニューアルをした意味がありません。

データの分析や測定だけでなく、コンテンツの更新もこまめに行うようにしましょう。

Webサイトを新しくすること自体がサイトリニューアルの目的ではない

サイトリニューアルの目的はサイトを新しくすることでありません。

それは手段の一つに過ぎないのです。

サイトリニューアルを成功させるためには、「サイトを新しくすることで、どのような目標を達成したいのか」を明確にし、チーム全体で共有していく必要があります。

そうすることで最後までブレることなく、サイトリニューアルを達成することができるでしょう。

MEMO

格安ホームページ制作サービスは、リーズナブルな価格設定で、お客様のご希望に沿ったサイト作りをさせていただきます。

サイトの集客効果を高めたいという方にもご満足いただけるはずです。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA