今すぐにホームページをスマホ対応にすべき理由|HPをスマホ最適化する具体的な対応方法

ホームページのスマホ対応|具体的な対応方法

「スマホからサイトを見るとデザインの表示が変になる」

「スマホで自社サイトを表示させると文字が小さすぎるからなんとかしたい」

このような問題を抱えているホームページは、スマホ対応ができていない可能性が高いです。

このままではいけないとは思っていても、具体的にスマホ対応しなければならない理由や、スマホ対応する方法が分からないと、どうしてもそのままにしてしまいがちです。

そこで本記事では、ホームページのスマホ対応を急ぐべき理由やスマホ対応するための具体的な方法を解説します。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

WebClimbを友だち追加

ホームページのスマホ対応を怠ることで生じる3つのリスク

スマホ対応しないリスク

ホームページをスマホから確認した時、何となく表示がおかしいことには気付いていても、それほど危機感を覚えていないという方もいるかもしれません。

しかし、そのまま放置をしておくと、以下のように様々なリスクが生じてしまいます。

1.Google検索エンジンでの表示順位が下がる

Googleはパソコンユーザーだけではなく、スマホユーザーのことも考慮して検索結果に表示する順位を決定しています。

そのため、Googleは表示順位を操作するアルゴリズムの中にも、スマホ対応がされているかどうかを判断する要素を追加しました。

これにより、スマホ対応が遅れているサイトは順位を下げられてしまう可能性が高まったのです。

一つでも順位が下がれば、集客率は大幅に低下してしまうでしょう。

2.スマホから集客したユーザーが離脱しやすくなる

スマホから見た時にサイトの文字が小さくなったり、デザインが崩れたりしてしまうと、訪問者はストレスを覚えてすぐにページを離れてしまうでしょう。

スマホ対応がされていないにもかかわらず、そのページに留まってくれるユーザーはほとんど存在しません。

せっかく訪れてくれたユーザーを逃すことは非常にもったいないことですし、自社のイメージダウンにも繋がってしまう恐れもあるため注意が必要です。

集客できるホームページ制作!自社サイトの集客で成功する方法とコツ集客できるホームページ制作の方法!自社サイトの集客で成功するコツ

3.パソコンユーザーよりも多くなったスマホユーザーを獲得できなくなる

40代以下の若いインターネットユーザーのほとんどが、パソコンよりもスマホで情報を検索する時代になりました。

それほどまでに多く存在しているスマホユーザーを逃すことになってしまっては、Webマーケティングを行うのはほぼ不可能な状況となってしまうでしょう。

今後もスマホユーザーはどんどん増え続けることが予想されます。

今のうちにスマホ対応をしておかないと、時代に取り残されてしまう可能性が高いです。

ホームページのスマホ対応ができているかチェックする方法

スマホ対応ができているかチェック

Googleは全ホームページのスマホ対応化を推進するために、モバイルフレンドリーテストというものを用意しています。

モバイルフレンドリーテストを利用すれば、自身のサイトがスマホ対応できているかどうかを無料でチェックすることができるのです。

テスト方法は非常に簡単で、調べたいサイトのURLを指定の場所に入力し、実行ボタンをクリックするだけで完了します。

20~30秒ほどしたら結果が表示される仕組みです。

万が一、「モバイルフレンドリーではありません」という文言が出たら、調べたサイトはスマホ対応できていないということになります。

既存のホームページをスマートフォンに対応する具体的な方法

スマートフォンに対応する方法

スマホ対応をするための具体的な方法を説明します。

1.すでにホームページを持っている場合

すでに運営中のサイトをスマホに対応させたい場合は、以下の方法がおすすめです。

専用の変換ツールを利用する

変換ツールとは、自分のサイトを自動的にモバイルフレンドリー化してくれる便利なツールです。

費用はかかりますが、プログラミングの知識はほとんど必要ありません。

おすすめの自動変換ツールは以下の3つです。

  • shutto(シュット):安くスマホ対応したい方におすすめ、デザインの自由度は低め
  • Mobify(モビファイ):画像を多く使っているサイトを綺麗にスマホ対応可能
  • flamingo(フラミンゴ):お金をかけてでも質の高い状態でスマホ対応したい方向け

社外のプログラマーに外注する

自社でレスポンシブデザインに変更する技術がない場合は、フリーのプログラマーにレスポンシブ化を依頼することもできます。

コーディング作業を代行してくれるプログラマーは、クラウドソーシングサービスで簡単に見つけることが可能です。

クラウドワークスやランサーズなどの有名なクラウドソーシングサービスを利用すれば、理想的な費用で作業を行ってくれるプログラマーを見つけられるでしょう。

2.これからホームページを作る場合

今まで自分のサイトを持っていなかった方やモバイルフレンドリーのサイトを一から作り直したい方は、以下の方法でスマホ対応のサイトを作成してみましょう。

制作会社にホームページの作成を依頼する

HTMLやCSSの知識があまりなく、自らスマホ対応のホームページを作成するのが難しい場合は、ホームページ制作会社に任せてみましょう。

格安ホームページ制作サービスなら、スマホ完全対応のホームページ作成を格安価格で代行させていただきます。

もちろんWeb集客を目的としたSEO対策やSSL化、WordPressの設置なども全てプランの中に含まれていますので、後に追加料金が発生することもありません。

企業のホームページ作成|法人の会社HPの必要性と制作手順企業のホームページ作成方法をプロが解説|法人の会社HPの必要性と制作手順

WordPressを利用する

誰でも簡単にホームページを作成できるWordPressを利用すれば、スマホ対応のホームページを新規に作成することも難しくありません。

WordPressで作ったサイトは、無料のプラグインを用いて低コストでモバイルフレンドリー化できます。

必要なプラグインは「WPtouch」のみです。

ホームページの作り方|初心者でも失敗しない|必要な前知識初心者でも失敗しないホームページの作り方!Webサイト制作に必要な前知識も解説

自社のプログラミング知識を元に一から作る

費用をあまりかけたくないという場合は、プログラミングの知識がある社員にスマホ対応のホームページ制作を任せるのも一つの手です。

HTMLとCSSの知識があれば、スマホ対応のホームページは作れます。

ただし、一から自分で構築したホームページは更新作業が複雑になりやすく、WordPress化やSEO対策も自分で行わなければならないという点はデメリットとなるでしょう。

起業時のホームページ作成|成功に導く制作方法起業時にホームページが必要になる理由とは?成功に導く開業後のサイト作成方法

ホームページのスマホ対応は後回しにするべきではない

ホームページをスマホ対応させるためには、それなりの手間とコストがかかります。

そのため、スマホ対応の重要性に気付いていない会社では、後回しにされがちです。

しかし、スマホ対応をしないことで確実に集客効果は下がり、利益もどんどん減っていきます。

取り返しのつかない事態になる前に、早めにスマホ対応を済ませてしまいましょう。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA