独自ドメインを取得するメリットとは?デメリットと比較して取得するべき理由を解説

独自ドメインを取得するメリットとは?デメリットと比較|取得するべき理由

自分のサイトを立ち上げて何かビジネスをはじめる場合は、独自ドメインにした方が多くのメリットを得られます。

しかし、今まで独自ドメインを取得したことがない人にとっては、設定や管理が難しいなど、いくつかのデメリットもあるでしょう。

そこで本記事では、共有ドメインにはない独自ドメインのメリットを紹介しつつ、独自ドメインを持つにあたってのデメリットやそのデメリットを克服する方法についても解説していきます。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

WebClimbを友だち追加

ドメインの役割とは

Webブラウザに入力するURLドメイン

ドメインがあることで、ネットワーク上のどこにWebサイトがあるのか識別することができます。

メールを送る時に、住所のような役割を果たすのもドメインです。

ネット上で何らかのサービスを展開しようとする場合は、必ずドメインを取得することになります。

ドメインとは

URL「https://www.△△△.com/」の「△△△.com」部分や、メールアドレス「○○○@▲▲▲.co.jp」の「▲▲▲.co.jp」部分がドメインです。

独自ドメインは△△△や、▲▲▲部分に好きな文字列を組み合わせて作成し、所有することができます。

共有ドメインと独自ドメインの違い

ドメインを選ぶ

大元となる会社のサービスを利用することで、複数のユーザーと共有して使うことになるドメインを「共有ドメイン」といいます。

住所で言えば、マンション名までは同じで、部屋番号だけが違うようなイメージです。

ドメインの管理は、個人ではなく大元の会社が行います。

共有ドメインの例

アメブロ:https://ameblo.jp/●●●/

はてなブログ:●●●.hatenablog.com

共有ドメインの注意点

ドメインの所有権はあくまでも運営元が持っているため、自分のものにはなりません。

それまで積み上げた評価も、運営元の都合で、突然垢バンされたりサービスが終了したりするリスクを伴います。

一方、「独自ドメイン」は、世界中で現在誰も使っていないドメインを自分で考え、指定業者に申請することで使えるようになるドメインのことです。

独自ドメインは一軒家の住所と同じで、自分だけのものとして扱えます。

所有権も自分のため、管理は自分自身で行わなければなりません。

Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策Web集客の種類と方法!インターネットでサイト流入を増やす施策

独自ドメインを取得する3つのメリット

スマホを見ながら笑顔の女性

独自ドメインを使うことで、「信頼面・集客面・安全面」の3つのメリットがあります。

信頼面

独自ドメインを持っているということは、どこの会社にも頼らず、自分達の力でサービスを展開していることの証になります。

そのため、共有ドメインを使うよりも、他企業や顧客に信頼してもらいやすくなるのです。

社員全員がビジネスで使うメールアドレスがGmailなどのフリーのアドレスだと、ビジネス相手から不信感を抱かれてしまう可能性があります。

独自ドメインを取得すれば、名刺にも堂々とメールアドレスが記載でき、相手に信頼してもらいやすくなるでしょう。

中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法中小企業向けのホームページ作成!集客できるサイトを制作する方法

集客面

独自ドメインがあると、顧客が企業のドメインを覚えてくれるため、より集客がしやすくなります。

逆に、共有ドメインを使っている場合は、企業のブランディングがしにくくなるでしょう。

また、SEOの評価はドメインに紐づいているため、万が一、使っていたサーバーなどがサービスを終了してしまった場合でも、サーバーを移せばまたSEOの効果を引き継ぐことができます。

一から対策をし直さなければならない共有ドメインと比べて、非常に有利です。

集客できるホームページ制作!自社サイトの集客で成功する方法とコツ集客できるホームページ制作の方法!自社サイトの集客で成功するコツ

安全面

共有ドメインを使っていると、大元のサービスが終了した場合、自分のサイトも一緒に削除されてしまいます。

ルールや制限も多いため、思うようなサービスを展開できないというデメリットもあるでしょう。

一方、独自ドメインなら管理運用は自分自身で行うことになるため、他社の運営やルールなどに左右されることなく運用できます。

また、独自ドメインの方がSSL(扱っているデータを暗号化すること)を導入しやすいため、個人情報の流出などを自分の力で防ぐことが可能です。

独自ドメインを取得するデメリット

ハテナを浮かべて考える女性

独自ドメインを使う上でのデメリットは、「費用面・技術面・管理面」に生じます。

費用面

共有ドメインは無料で取得できますが、独自ドメインは有料です。

ドメインの種類によって価格は変わりますが、「.com」などのよく使われるドメインの場合はだいたい年1,000円~2,000円はかかります。

MEMO

ホームページ制作をWeb制作会社に依頼する場合は、運営管理費にドメイン代も含まれているケースがあり、その場合は別にドメイン代を支払う必要はありません。

技術面

ドメインは取得しただけで使えるようになるものではありません。

自分が利用するサーバーやホームページと紐づける作業を行わなければ、ドメインとして機能しないのです。

共有ドメインの場合は、大元となる会社に作業をお任せできますが、独自ドメインの場合は自分自身で作業を行わなければならず、ある程度の勉強が必要になります。

また、共有ドメインなら、大元の会社の技術や集客に頼ることができますが、独自ドメインの場合は自分で対策を行わなければならないため、はじめのうちは苦労することが多いでしょう。

ホームページ作成費用の相場は?HP制作料金を一覧表で徹底比較ホームページ作成費用の相場は?HP制作料金を一覧表で徹底比較【2021年】

管理面

独自ドメインは1年更新制です。

1年後の更新を怠ると、独自ドメインの所有権を剥奪されてしまいます。

1年積み上げてきた成果が失われてしまう事態を避けるためにも、自動更新設定などで対策をしておきましょう。

また、独自ドメインのセキュリティ管理を自分で行わなければならないという点もデメリットです。

Web制作会社の選び方|ホームページ業者を選ぶ際の事前準備や注意点【失敗しない】Web制作会社の選び方!ホームページ業者を選ぶ際の事前準備や注意点

独自ドメインを取得する際に覚えておくべきポイント

2台のスマホを見比べる

ドメインを取得する時、日本語の会社名でドメインを取得しようとする企業が少なからずいます。

しかし、メールアドレスの場合、漢字やひらがなはピュニーコードというランダムな英数字の羅列に置き換えられてしまい、顧客に不信感を抱かせる恐れがあるためあまりおすすめできません。

また、ホームページ制作会社などに頼んでにドメインを取得してもらう場合は、ドメインの所有者をあらかじめ依頼者本人に設定するよう指定しておく方が安全です。

所有権トラブルは高額請求につながる可能性があるため、依頼時は慎重に担当者と話し合いましょう。

ホームページ作成でやってはいけないことホームページ作成でやってはいけない7つのこと!Web制作でのNG理由や注意点を解説

独自ドメインのメリットを最大限に活かそう

メリットとデメリットを比較

独自ドメインを取得すれば、自由度が高く、信頼されやすいサイトを作成・運用することができます。

共有ドメインのように大元の企業の運営に左右されることなく、SEO対策などでドメインを成長させていけるのが最大の魅力です。

WebClimbの「格安ホームページ制作サービス」では、独自ドメインの取得もサービスに含まれているため、ご自身で取得・管理する必要はありません。

ホームページを運営するドメインは資産となりますので、これから運営を開始するという方には、独自ドメインで開始することを推奨します。

\たった7万円で集客に強いHPができる/格安ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA